読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョー・アイアン・メイデン

魔物が蔓延るMAD CITYに生息するにも関わらず三十路で処女の日常

ひとりぼっちの人工衛星

突然だが、来年の2月末で契約終了を告げられた。



派遣のオバハンが辞める事で安堵したのも束の間、
ワシも辞めるんかーーい!と真後ろから矢が放たれて悲しみよりも驚きの方が勝る。




ベテランの派遣さんも辞め、
やはりちゃんとした分かる身内(本社からの出向?)に来て貰う事になるらしい。
そりゃそうや、わし社労士でもないしな…
そもそも仕事出来てなかったし。



愛嬌だけじゃ世の中渡っていけない説もあるけど、それでもこのスタンスはやめねーからな。




んでもう好きな人に会えなくなちゃう……みたいな哀しみの感情も込み上げて来ず。



本日、就業中に
「やっぱりこの人しょうもねぇな……」の寒波が打ち寄せてきて、
緩やかに穏やかにソフトに死んでいる(感情が)状態になり、
2丁拳銃の修士のツッコミばりに「ちょうどええ」タイミングでの勧告だったと思う。





男の人にええ感じに甘やかされる温い職場で穏やかに過ごしたい。





働くから、定時まで。

葵つかさになって本当に私でいいんですか?と言いたい人生だった。

処女なんですけど、ありあまる富なのでエロ動画なんつっーもんは毎日観る訳でして
その中でもお気に入りの作品が、葵つかさ出演の童貞専用ソープランドである。

内容はまぁタイトル通りなんだけども、原始、女は太陽であり「母性」と言う単語が安っぽく感じる程慈しむ様に童貞(役)を元服へと導く彼女が、神々しささえ感じて、
挿入時の「あっ……んっ……もうこれで童貞じゃないですね……」を聴いた日には私自身がこの街は戦場だから傷を負った戦士になって熱い胸に抱かれてしまいたいと思うくらいである。

童貞ソーヤングの筆者にとって男を一人前にする事なんぞ、今生では不可能な、ユー・メイ・ドリームだ。


年末になり忘年会等で好きな人のパーソナルな部分を垣間見る機会も増えてきた。
前から仲間内で冗談で言っていたが、どうやら本当に彼は童貞なのではないかと思い始めている。

理由としては、

・女性関係を突っ込まれる度「抽象的」な遊んでるエピソード発信
(彼女はいないが「ガールズ」はいる、しかしそれ以上のエピソードトークは無し他の社員さん曰く6~7年彼女はいないが、セックスはしていると吹いている。因みに彼は入社7年目である。)

・昨日忘年会で本社から来ていた既婚者の社員さんとの比較
(東京の女の子抱いた事無いんですよ~と初対面の私に対してオープンマインドにしつつ、私の話も上手く引き出す真っ当なヤリチン味を感じた)

・そもそも女性が好む様なカルチャーを知らない
(ポップオーバー、キングジョージ他にもあった気がする)

本当にちょいちょい遊んでる奴は居ない事、困ってる事、無い事をアピールして釣るのではと考えているので、独身の「負け感」を出さない彼は、もはや経験すらないのではと思った次第だ。

これで本当に遊んでたらお前は虚空を抱いているのか?としょうもなさでいっぱいになるし、
童貞でもいずれにしろしょうもなさすぎる。

既婚者の社員さんはデブ専らしく、私が元カノに似ていると抱きつこうとしたり、(然程酔っている様子ではなかった)触ってきたので、
メスとしての自尊感情がフル充電出来て未だ余韻に浸っている。
独身なら確実に身体を許しているので、残念なのか良かったのか。
堂々とオカズにさせていただこう。


酔いに任せて「○○さん達の言ってる事が本当なら嫌いになっちゃうからっ!」って一瞬二人きりになった時に言ってみたけど、それって好きだって意味分かるかしら。

今日はいつにも増してテンション低めだったな。
気にしてんのかな童貞だから。

仕事は出来ない、指輪をはめたい。

f:id:maooon_fab_uc:20161215182421j:plain

最近の楽しみといえば一箱300円でお得に購入した旅の宿を、今日は登別にしようか、白浜にしようかと選ぶ事ぐらいだった私に吉報が届いた。

公にはなっていないが、私が苦手とし派遣契約を終了しようとしていた原因であるベテラン派遣社員の女性が来月末で退職するらしい。

「らしい」と言うのは正式にアナウンスがあった訳ではなく、
人員募集している様子だったので自身が登録している派遣会社の仕事検索から割り出し、応募者のフリをして募集の背景を聞き出したと言うちゃちなスパイ行為である。


吉報と前述したのだが、果たしてそう言って良いものか……

今日職場見学に何人か女性が来て美人の人もいて……

気になるのはそうただ一つじゃないか……



好きな人のアシスタントとして良かれと思ってやってる事でも、
あと一歩の元来の気の利かなさが本日も露呈され自分に嫌気しか指さない。

ラーメンと言う出費で慰めるしかない。


男だったらこういう時風俗行くのかな、


いいな。

結局僕は御機嫌とるよ

思い過ごしだといいのだが、
何となく好きな人の私に対する態度が冷ややかに感じた。

20代のお花畑脳だったあの頃なら、
「ん?照れてんのか?ん?ん?このぉ❤」
の思考になるが、

過去、社内恋愛(岡惚れ)しくじり先生三昧だった私は今度こそ絶対失敗したくない。



失敗=失恋ではない。

ここでの失敗は私の気持ちが周囲に駄々漏れ、相手の仕事に支障をきたしたり、
それが原因で相手に嫌われてしまう事である。

少人数の会社で独身者が少ないと、
上の人達が二人に恋愛感情があるかの様なその手の冗談は間に間に放つ訳だけども、

今日もたまたま20分程フロアに二人きりで仕事してて、(その間一言も会話を交わさない二人)


部署の一番偉いオジサマが戻ってくるなり、



「二人だけなの?愛し合ってなかっただろうな??(ニンマリ)」



私はね、私はですね、ちゃんと笑って受け流すんだよ。別に不快だなぁとも思わないし。ジョークですよ。コミュニケーションですよ。
肝を冷やしながらな。




お前もちゃんと処理しろや!!

なんでワシだけ尻拭いせなアカンねん!!!!

何言ってんすかの一言ぐらい言えや!!!!

何ムスッとしとんねんワレ!!!!

嫌ならちゃんと否定しろや!!!!

※ここでの尻拭いのイメージ、笑撃戦隊やしろ優の旦那の台詞的な。


まぁ私はその辺プロですから?処女のかほりを微塵も出さず百戦錬磨的なあしらいで?


「アハハハ…んなアホな(笑)」


まぁこれがオレの限界だよね。


なんで私がどちらとものご機嫌伺いしなきゃいけないんだよ……

と心底面倒臭くなってしまった。


それとは別で増員する動きが出ているらしい。


私が今まで好きな人等にしてきた派遣のオバハンの一件で辞める方向でいる事とリンクしているのだろうか。


鈍い癖にあれこれ勘繰るのやめたい。

オススメのデートプラン(嘘)

昨日も先週と同様所用の為下町と臨海地区を巡る事に。

f:id:maooon_fab_uc:20161211123232j:plain

f:id:maooon_fab_uc:20161211123454j:plain

f:id:maooon_fab_uc:20161211123551j:plain

初めて蔵前に降りたけど、噂通り路地にちょこちょここじゃれた店が。ペリカンの食パン使ったカフェもあったんだよなー。美味しいんだよなー食べたかったー。

f:id:maooon_fab_uc:20161211124016j:plain

職場から近いし納品にも取りにも行けるけど、仕事から帰って来てから出来るか……?取り敢えず写真だけ。

f:id:maooon_fab_uc:20161211124157j:plain

マクレーン今度は行くぞ


f:id:maooon_fab_uc:20161211124453j:plain

お昼は本所吾妻橋で。先週浅草のモンブランを断念したからこっちのモンブランに……とも思ったけど。とにかく肉を喰らいたかった。

45分1080円で最初に脂っこいホルモンを食べさせて、それをクリアしたら好きなのを食べられるよスタイル。

焼肉食べに行く時は意気揚々と向うのに毎回食べ終わる頃には、「家でちょっといいお肉食べた方がいいな…」って思うのやめにしたい。
けど来月の臨時収入でスタミナ苑に行こうとしている。

f:id:maooon_fab_uc:20161211130830j:plain

f:id:maooon_fab_uc:20161211131305j:plain

東京都水の科学館に。水道局のハコモノなんだけど、無料な上にカレンダーまで貰ったしかわいい。


臨海地区の海風にやられてしまい疲労で帰ってご飯も食べず即寝。0時半に一瞬起きて、4時前にまた起きてお風呂入って8時半まで寝てた。生活リズムやられた。

でもデカ盛弁当で大概の事が解決する人生

写真を撮るのを忘れてしまったが、会社近くにある以前から気になってた行列が出来るボロい弁当屋に初めて行ってみたんだけど、かなり良かった。

広い括りで好きな物だけ食べて生きていきたい。



少しばかり妄想してみた。


「そない畏まらんでも別になんもせえへんわ!」


これが今一番好きな人に伝えたい事だな。


ややこしい電話を切った後独り言で私にも聴こえない様な声で、「めんどくせえ」って呟いたり「オレがやるのかよ」って言いながら煙草吸いに行ったり、私はそっちの彼の方が知りたいんだよな。


優しい人は好きだけど必要以上にいい顔なんてしなくていいのに。

私がその世界変えるしかないじゃないか?

酔いが覚めた




いや嘘。気持ち悪いとか言いながら担々麺食べ終わってこのblogを書いている。(気持ち悪さは治ったみたい)


社の飲み会があって、好きな人とはあんまり話せなくて、上司もお墨付きの馬鹿真面目な彼に対する気持ちが爆発した。


当たり散らしたい時に彼も誰もいない。

誰も傷つけない優しい私は、ツイキャスなんかしてぶちまける。

今までに無い酔い方をした。

多分アレがほぼ本音だろ。

あんまり覚えてないけど、出逢わなければこんなに苦しい思いをせずに済んだ。それが全てでしょ。

なんかあったら言ってねとエライ人は言ってたけど、結局うやむやじゃんかよ。

悪い気持ちはあるけど私は辞めるんだからな…


私がいなくなって脱け殻になればいいんだよ…



(以上、スピッツの「Holiday」を聴きながら)